2021年07月

久しぶりのモニター分岐現場

ピンクレディの増田惠子さんのディナーショーです。オペレーターは湘南音響さんです、とてもカッコイイ!サウンドでした。コンソールデータを拝見させていただいたらブーストが多く音を立てている感じがライヴ感を引き立てます。私も学ぶところ満載で勉強になりました。

KOBE JAZZ-PHONIC RADIO 公開収録

レストラン&ライヴ「神戸北野坂 Sone」でラジオ関西公開収録を行いました。この日は電車が遅れメンバーもギリギリの到着、リハーサルができない為、1曲目は捨て曲にしてもらい2曲目からの録音です。以前に同じメンバーで収録をしたことがあるので、データを使用しました。こんな時はデジタルミキサーはとても便利ですね

心斎橋ART-CLUBで連日LIVE

東京からのゲストを招いてのLIVEです。外付けのワードクロックを使用してからリヴァーブがグンと良くなり自然観満載で、Ls9のリヴァーブとは思えませ

天候が変わる季節

昼間の屋外イベントだから照明は不要ではありません、よく晴れていても曇り空に変わってしまう季節です。通常の電球PAR-LIGHTでは熱量があるので夏場は熱い、LED-PARが電気容量も少なく、熱くならず活気的です。

ようこそ赤胴車 武庫川団地で出発進行!

武庫川団地に「阪神電車の赤胴車」が展示されました。もう赤胴車は走っていません。熱烈な赤胴車ファンのタレントさんがトークイベントを行い、弊社はラジオ放送用の録音と配信用の音声、現場PAをさせて頂きました。モニタースピーカーには、マーチンオーディオCDD-5を使用しています。やはりこのような場面でもしっかりとした小ぶりスピーカーがトークへのかぶりこみが無くGoodですね。

声を確実に届ける事が宿命

イントレ、黒紗幕は弊社の所有物です。TOA HX-7B×2+EAW SB1000×1の組み合わせで吊っています。会場が体育館の為とても響きます。如何に議長及びおしゃべりになる方の声を鮮明に届けるかがこの仕事の「きも」です。株主総会を無難に終わらせるには音響もとても大切なセクションです

コロナ禍 VS 除湿剤

除湿剤:右は新品 左は水分を含んでパンパンに膨れている。梅雨の今 空気中には水分が一杯です。マイクケースなどに除湿剤を入れて機材管理していないと「いざ」使用する時に大変な事になっているかもしれません。コロナ禍で仕事が減り機器が動かない時だから対策をしてください。